読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つながる世界を生きる。ブログ

自分とつながる、人とつながる、そして自然と・・。 スマイルメーカー岡村しげるの「つながる世界」探究ブログ。

新月 8月3日05時45分  願いの種蒔きは8月5日05時44分迄に。

こんばんは、

QOL向上をサポートします」スマイルメーカー岡村です。

 

八月。暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

七月は飛ぶように過ぎ去った感があります。全体的には軽く楽しく、充実感を感じた月でした。夏至の後から少し感覚が変わった気がします。

とはいえ、目の前にあることをやってたら過ぎていたという感覚で、受け取り切れてない気もします。あとで少し時間を取って七月を振り返ってみようと思います。

 

さて、今月も今朝05時45分に新月となりました。

8月5日早朝、05時44分までが意図を放つのに良いタイミングです。

 

f:id:shigeruok:20160110140027j:plain

 

今回の新月は、月が黄道上の獅子座にあるタイミング。

パートナーや親子・友人などと心の絆を強めたり、親切・勇気づけなどを通して愛情を育んだり、楽しむことや創造的な活動など情熱的に活動すること、存在感を増しながら傲慢さを抑えて、本物の尊厳を増すこと、集中力・決意を高めやり遂げる力を増す、等

 

夏らしく、ダイナミックな力強さや  陽のパワーを高める 
方向の意図を放つと良いようです。

 

次のような領域の願いが叶いやすい、とのこと。

 

・恋愛、親子関係、デート、偶然の出会い、互いに認め合うなど、心の絆を強める

・熱意ある創造的なプロジェクト、内から湧き上がる表現、主体的に関わる、自己実現、情熱が掻き立てられるなど、創造的な活動

・寛容な心、喜びをもたらす、勇気づける、親切、敬意や忠誠の表現など、愛情を育む

・遊び、ゲームやパーティ、バケーション、スポーツ、冒険のためのリスクが冒せるようになど、人生を楽しむ

・承認を得る、中心に立つ、自信、圧倒的存在感、輝きを増す、博愛など、尊厳を増す

・リーダーシップを発揮する、集中力、やり遂げる、不屈の闘志、スタミナなど、決めたことをやり通す力

・過剰なプライド、自分を大きく見せること、不健全な自己中心、浪費など、傲慢さを抑える

・背中・背骨、炎症、憔悴感、熱に弱いこと、などに関する健康促進

 

※出典はコチラ→ [魂の願い]新月のソウルメイキング

 

年を重ねるにつれ、楽しむことや情熱の向くままに行動することが増え、虚勢を張ることは減っています。とはいえ、まだ遠慮や気後れすることもあるし、脆さや傷つくことを避ける気持ちもないわけではありません。より力強く頼りがいある存在になれるよう願いを放とうと思います。

 

よろしければ参考にしてください。

 

楽しい夏をお過ごしください。

スマイルメーカー岡村でした。

  

***

人生に喜びや楽しみを増やすには、「感情カウンセリング」がお薦めです。

詳しくは smilemaker☆dream.jp まで、気軽にお問い合わせください(☆を@に変えて送信下さい)

***

 

新月 7月4日20時02分  意図は48時間以内に

こんばんは。

 

もう2016年後半。早いですね。

 

飛ぶように過ぎていった、と感じる人も多いでしょう。今年前半は世間を揺るがす様々な出来事がありました。またそれぞれが抱える、内面の矛盾や歪みが表面化しやすい時期だったように思います。

 

それらと向き合った人は、生きるステージが少し変わったように感じているかもしれません。翻弄されて大変だったという人もいるでしょう。いずれにせよ向き合えた分だけ内面が整理され軽くなっていることでしょう。

 

一方、あまり向き合えなかった人は「何かが違う・・」と違和感がより強くなっているかもしれません。

 

これからも外的な流れは勢いを増し、予想外の出来事も起こり続けると思いますが、一人ひとりの内面の方向性は徐々に固まりつつあるようです。

 

今の時点で、自分が「向かいたい方向」と「向いている方向」にズレがあるのに気づいたら、できるだけ早いうちに、現在いる場所で良いので、その場で向きを変えて「方向」だけでも合わせておきたいところです。

 

例えるなら、昔の航海士が北極星の位置を押さえておくようなもの。そうすれば海がどれだけ荒れてもあてどなく漂流することは避けられるでしょう。

 

 

さて、今月の新月はもうすぐ7月4日(月)20時02分
そこから7月6日(水)20時02分までの間に、意図を放つとよいと言われています。

 

f:id:shigeruok:20160110140027j:plain

 

今回の新月は、月が黄道上のかに座にあるタイミング。

家や家庭、心の拠りどころ、経済的環境などの個人の基盤を整えたり、スムースな成長や育成を促したり、親密さや慈しみを育み過剰な自己防衛を手放す、等。

 

不安を無くし、健康的に力を発揮していく、そんな方向性を打ち出すのに適しているようです。

 

次にあげる領域にいい影響が及ぼしやすいとのこと。

  • 家、家庭や家族、心の拠りどころを見つける、より本質的な自分の発見
  • 精神的安定、強さ、経済的安定、資産形成
  • 自己成長、苦手の克服、子供のしつけ
  • いたわりあう、より良い人間関係、親密なパートナーシップを築く
  • 感情を安定する、自分や人の気持ちに理解を示す、認める
  • 健全なサポート、助け/助けられる、世話をし/世話をされる、やりすぎない
  • 過剰な依存心を和らげる、独占欲やその裏にある不安をなくす、拒絶される怖れを手放す
  • 乳房・胸腔、すい臓、胃・膨満感・胃潰瘍、腫瘍

※出典はコチラ→  [魂の願い]新月のソウルメイキング

 

長い間、みずから不安や危機感を煽ってヤル気を駆り立てる癖がありました。そんな自分なので、いま一度わが身を振り返り、クセが残ってないかチェックして、いっそう健康的に成長できるよう意図しようと思います。

 

よかったら参考になさってください☆

スマイルメーカー岡村茂でした。

 

 

***

感情を安定するには「感情カウンセリング」がお薦めです。

詳しくは smilemaker☆dream.jp まで、気軽にお問い合わせください(☆を@に変えて送信下さい)

***

『自分らしく自由に生きる』 当たり前でしょ?!

f:id:shigeruok:20160619183744j:image

 

昨日は高校の同窓会でした。

 

大阪の高校ですが東京会の「総会」。
この春東京の大学に入学した学生さんから、九十歳超(!)の大先輩まで、200名近い参加者がいてかなりの盛り上がりでした。

 

そして今年は自分らが幹事年だったこともあり、70名近くの同級生と顔を合わせることができました。その多くは30年ぶりくらいに会うんですが、すぐ馴染むのは本当に不思議なものです。

 

自然と「今何やってんの?」という話になりますが、高校の同期なので多彩です。

医師、建築家、ゼネコンで都市基盤整備、新素材の開発、医薬品開発、上場企業社長、音楽教師、家庭を豊かに支える、人材育成、金融マン、新エネルギー研究、経理マン、音楽家、舞踏家、などなど、挙げだすとキリがありません。

 

そして僕は企業向けのコンサルティング業から転身し、個人向けの心理カウンセリング等、癒しや自己成長サポートを生業にする対人支援者に転身、という少し珍しい経歴です。

数人から「なんで転身したの?」と聞かれました。「スピリチュアルちゃうん?大丈夫か?」と心配してくれてた人もいました。彼は実際に会って安心してくれたようなので良かった(笑)

 

数人から聞かれたことが刺激になり、あらためて「何で今の仕事をするようになったか」思いめぐらせてみました。

 

業務の現場で変革の限界を感じた、とか、過労による突然死やうつ症状を目の当たりにした、このまま気合と根性で突き進んだら自分もうつになりそう、膵臓腫瘍マーカーがでた、近親者の突然の死、などいくつかキッカケとなる出来事はありました。

 

 そして昨日はそのうちのいくつかを話したんですが、どこかしっくりこないところもありました。どこか後づけの理由のような感じがしたんです。

 

確かにキッカケはこれらの出来事だったのですが、よくよく考えてみるとその奥にこんな気持ちがありました。

 

『自分らしく自由に生きる。当たり前でしょ?!、それって。』という思いです。何かと制限の多い環境で育ちましたが、幼少のころからあったことを思い出しました。

 

 

友人たちを見てもそう思ったんですが、

仕事に夢中になってる人はみな、 

『こうなって当たり前、こうなるはずでしょ?!』の実現

に注力するんじゃないでしょうか。

 

「こうなって当たり前。こうなるはずなんだけど、何かがひっかかってでうまく機能していない。だから、自分が何らかの機能(はたらき)かけをして、それを実現しよう。」

こんなモチベーションで働いているんじゃないでしょうか。

 

医師なら、「身体がこんな風に機能して当たり前でしょ」というイメージがあって、自分がそれに対して機能(はたらき)かけができるから医師として働く。

「こんな素材ができるはずでしょ」というイメージがあって、自分がはたらきかけられるから、開発研究者として働く。

「マネーがこんな風にうまく流れるのが健全なマーケットでしょ」というイメージがあって、自分がはたらきかけられるから金融マンとして働く。

「家族みんながいきいきと暮らすのが自然よね」というイメージがあって、自分がはたらきかけられるから主婦(夫)として働く。

「会社は儲かるのが当たり前でしょ?!」だから社長として働けるし、「家族は幸せがいいよね」だから父(母)はとして幸せを実現すべく役割を果たします。

 

 

僕は、「人間は自分らしく自由に生きられるのが当たり前でしょ?!」って思います。

 

でもそれがいろんな要因で妨げられています。人の目を気にしたり、古い常識に縛られたり。不安や怖れで動けなかったり、怖れから生じる過剰な自己主張や攻撃。そして過剰な反応・過剰防衛、こうした様々な要因で、のびのびと自由に生きられなくなってるように思うのです。

 

けれども、一人ひとりが感情をクリアにしたり、インナーチャイルドやトラウマを解消することを通じて、制限的な「誤った自分像」を修正し、より自由で制限のない「本質の自分」に収斂していく。そういう人が増えていけば、一部の人だけでなく、社会としてもそれが「当たり前」になるでしょう。

 

自分の体験を通じてそれが可能なことがわかって、そのはたらきかけができるようになったからカウンセラー・対人支援者として働く。5年かかるか、10年かかるか、100年なのか、300年かわからないけど、できることをできるうちにやっておこう。これが、いまの僕のモチベーションです。

 

そして、そのためにも自分を磨き、人間についてさらに実践研究し、
「当たり前でしょ」の実現に対してしっかりはたらきかけができるよう、一層精進していきたいと思いました。

 

 

ふぅ、

刺激をたっぷりもらった同窓会。

素晴らしい仲間に恵まれていたことを思い出した一日となりました。

いいものですね、旧友は。

 

スマイルメーカー岡村茂でした。

 

f:id:shigeruok:20160619183757j:plain

 

足るを知る

f:id:shigeruok:20160613000340j:plain

 

足るを知る

 

誰もが知ってるこの言葉、

感違いしていたかもしれない、

と思ったのでした。

 

これまでは、

 

「いま手もとにあるものに目を向けて、多くを求めず、現状に満足しなさい」

「『もっと、もっと』の意識を抑えなさい」

 

と、理解していました。

 

 

今日はふと、

 

「すでに充分に足りてることを知れ。」

 

「欠乏感、不足感。

 能力が、豊かさが、欠けている感覚。自分には何かが足りない、という思い。

 これらを疑え。


 豊かさ、健康、力、愛情、

 すでに充足していることを知りなさい。

 

 そして、

 制限を外し、遠慮せず進め。」

 

こう言われてるのかも、と思ったのでした。

 

似てるんだけど、

ニュアンスの違い、立ち位置の違いを感じるでしょうか?

 

もう少し、稼ぐ力をつけてから、

もう少し、元気になったら、

もう少し、実力つけたら、

もう少し、人間力をつけてから、

もう少し、時間ができたら、、、

 

だって今はまだ、足りないから。。

 

否、足るを知れ。

 

欠乏感に幻惑されていることに気づき、

無意識の制限を解除し、

持てる力を発揮して、

 

活き活きと生きていけ。

 

そう言われているのかもしれません。

 

スマイルメーカー岡村茂でした。

 

 

感情を安定させる意味

f:id:shigeruok:20090502174919j:plain

誰もが、「幸せな世界に暮らしたい、世の中をより良くしたい」と思うことでしょう。

とうに諦めたとか、投げやりになることはありますが、一度も考えたことがない、という人はいないでしょう。
 
 
そのために多くの人が、たくさんの思いを抱えて、家庭や、教育の、ビジネスの、政治の、医療の・・、様々な現場で試行錯誤しながら奮闘しています。
 
そして新しい仕組みや教育システムが考案され、導入されます。このうち優れたものは人の意識や心を変えて、より良い社会に貢献します。
 
だから、優れた仕組みやシステムが溢れかえれば世の中は良くなるはずです。
 
 
でも、ちょっと待ってください。

仕組みやシステムが変化のきっかけになり、意識や心が変わることで世の中が変わるなら、心にも注目する必要があります。
 
なぜって、気持ちがいっぱいいっぱいで、余裕がなく焦っているとき、感情の波に翻弄されているとき、そんな時、立派な仕組みやシステムが目の前に出てきても「また新しい手順か、、めんどくさい・・」と感じませんか?
 
そしてせっかくのその素晴らしい仕組みも形骸化してしまいます。。以前コンサルティングの現場で感じたことです。違うところでは例えば「ゆとり教育」なんかもその一つだったかもしれません。
 
 
変化にはある程度「気持ちの余裕」が必要です。
心に感情の嵐が吹き荒れて落ち着かない時に、良い変化をもたらそうとしても、それは無理ってもんです。
  
だから、感情が安定していることはとても大事だと思います。でも、抑圧はまずいです。いつか爆発するか、心が死んでいくか、体に不調が出るかのいずれかにつながるからです。
 
感情を自由に感じて、それによって溜め込んだ感情が解消されて安定する。そしてさらに、不安や怖れの感情が生み出される「根本原因」も見つかり解消され、感情が生み出されなくなる。このようにして心が安定します。そして、「気持ちの余裕」ができます。心地いいし楽しいです。
 
これは正しい手順を踏んで行えば、誰でも手に入れられる心の状態です。こんな人が増えたらいいと思いませんか?
 
 
今の時代、優れた「仕組みやシステム」を生み出す優秀な人はたくさんいますが、「気持ちの余裕」をサポートできる人は少ないと思いませんか?
 
そんな人が増えたら、そして意識をより良く変化させようという「気持ちの余裕」がある人が増えたら、世の中より良くなると思いませんか?
 
そんな思いで、一般社団法人感情カウンセラー協会は設立されました。そして、年に一度カウンセラー養成講座を実施しています。

来る6月25日(土)から第三期がスタートします。あなたも仲間に加わりませんか?
 
2週間後から始まる「感情カウンセラー養成講座」
お忙しい方には「通信科」もあります(2度のスクーリング含む)。

 
興味を持たれた方は、どうぞ下記をご覧ください。
 
▼第三期 感情カウンセラー養成講座 募集案内

第3期 感情カウンセラー養成講座(本科・通信科) | 一般社団法人感情カウンセラー協会

 
スカイプや電話で、無料説明会(20~30分)を随時行っています。ご希望の方はshigeruokamura@kc-a.jp 迄メールください。 折返しご連絡します。
 
ピンと来た方、ぜひ一緒に、
感情を写真のようにクリアにする手法を学びましょう。
そして、周囲から世の中によりよい変化を生み出していきましょう。

 

ご縁ある方の参加を心よりお待ちしています。
 
感情カウンセラー協会 岡村茂

 

わかりあえない わかりあう

親と子、子と親

夫婦、恋人

親友、仕事仲間

 

大切に思いながら、理解(わか)りあえない

相手を思うからこそ、意見が喰い違う

そんなこともあるでしょう

 

そんなとき、関係が分断したように感じます

もう終わった。もういいや。

 

 

でも、

わかりあえなくても、共鳴している

くいちがっても、つながっている

 

そのことに気づいたとき、

 

その安心感から、

またわかりあうこともあるのです。

 

 

人間っておもしろいですね。 

スマイルメーカー岡村茂でした。

 

青空

f:id:shigeruok:20160602144209j:image

今日の青空を見ていたら、
中学生の時に好きだった校庭掃除を思い出しました。

20分ほどの掃除の時間。
青空をぼーっと見上げながら、淡々とトンボをひきずったあの時間が大好きでした。

あの頃何を考えていたのかな?
将来のこととか、還りたいとか…。

あれから随分な年月が経ちましたが、

何かが変わったような
何も変わってないような

不思議な感覚に包まれた昼下がり。


さて、
活動開始。