つながる世界を生きる。ブログ

自分とつながる、人とつながる、そして自然と・・。 スマイルメーカー岡村しげるの「つながる世界」探究ブログ。

「成長」と「成功」

 

f:id:shigeruok:20191215010206j:plain

 
先日、「システマ(ロシアン柔術)」の先生に教わったこと、そして自己成長の実践会で先達の話しに触発されて生まれた気づきを、備忘を兼ねてシェア。
 
細かな定義はすっ飛ばすとして、
 
「成長」つまり自分を高めることは、「成功」つまり豊かさにつながるように思う。
 
でも「成功(豊かさ)」を求めても、必ずしも「成長(自分を高める)」にはつながらないようだ。
 
 
思うに、成功(豊かさ)の主な要素のひとつに「快適さ」があり、一方、成長(自分を高める)の要素には「高負荷=ストレス状態=不快」がある。
 
成長とは、既存の枠を超えて未知の領域へ進む、ということ。
それは通常不安や怖れを生み、ストレスがかかる。
 
そのストレス状態で、平常の状態でいられるようになることが、成長(自分が高まる)ということだろう。
 
そしてその結果、かつての未知が既知になり、扱える領域が増え以前より快適さが増し豊かさにつながるのだ。
 
つまり、成長は一時的な不快を伴ってそのプロセスを推し進め、成功がついてくる、と言える。
 
一方成功を追っかけると、その途上で不快さが現れたとき、
(そして、それは成功に必要な成長に伴う不快なので必ず現れるのだが)
その不快さを「成功ではないもの」が現れたと見誤り、その行程を避けてしまうのだ。
これは無意識に行われることも多い。
 
この回避は停滞につながる。
 
結果、成長せず成功も止まる。
 
おそらく流れの早くなるこれからは、停滞は成功が止まるだけでは済まず後退につながるだろう。
 
 
気をつけてないとハマる。
 
おそらく本当は突き詰めれば、どちらを目指そうが行き着く先は同じだと思うが、ハマりやすさの度合いが違うのだろう。
 
 
新年を迎えるにあたって、あらためて
 
「成長(自分を高める)を目的とし、成功(豊かさ)は二次的な成果とする」
 
という指針を心に刻もう。